プラステンアップは、身長が伸び悩んでいる中学生や高校生に向けた成長応援サプリです。
しかし、ネットで情報を調べてみると、高校生になってからプラステンアップのような成長応援サプリを飲んでも背は伸びないという意見があります。

果たして本当に、高校生がプラステンアップを飲んでも効果はないのでしょうか。
高校生になると身長が伸びないと言われている理由のひとつに、遺伝の影響があります。
身長は遺伝するので、親の身長が低いと子どもの身長も伸びない、というものです。
しかし、身長は食生活や生活環境など、後天的な要因も大きく影響します。
栄養バランスや睡眠時間など、身長が伸びやすくなる条件を整えれば、子どもの身長が伸びる可能性は十分にあります。

また、骨端線の有無も身長に大きく影響しています。
骨端線とは骨の両端にある、軟骨の集合体です。
子どものレントゲン写真を撮ると骨の接ぎ目に空洞のようなものが見えますが、これが骨端線です。

骨端線はいわゆる骨の伸びしろで、ここから新しい骨が生まれることにより骨自体が長くなり、身長も伸びます。
ただし、骨端線は成長するにつれてなくなっていくので、大人には存在しません。
一般的に男子なら17~18歳くらい女子なら15~16歳くらいには消えてしまうと言われています。
しかし、骨端線がなくなる時期には個人差があり、20歳を過ぎても残っているケースもあります。

そのため、いちがいに10代を過ぎると身長が伸びなくなるとは言えません。

ただし、現在販売されている成長応援サプリのほとんどは、6~10歳前後の子どもを対象としたサプリです。
小学生と中高生では体や骨の大きさも違えば、成長に必要な栄養量も違います。
子ども向けのサプリに含まれる栄養量では、中高生の成長をサポートするには足りないのです。
プラステンアップ
プラステンアップは中高生が使うことを前提とした、数少ない成長応援サプリです。
栄養素の種類や配合量は子ども向けサプリよりも多く、そのぶん身長を伸ばす効果も期待できます。

ただし、プラステンアップさえ飲んでいれば必ず身長が伸びるというわけではありません。

夜更かしや偏った食事など、不健康な生活を続けていれば、プラステンアップの効果も半減してしまいます。
プラステンアップの効果を最大限に引き出すためにも、まずは基本的な生活習慣から見直しましょう。
プラステンアップの成分や期待できる効果については、公式サイトでも詳しく紹介されているので、気になっている人はそちらも参考にしてみてくださいね。

>>気になるプラステンアップを公式サイトでお得にGET!!!