「うちの子、平均に比べて身長高いのかな低いのかな…」

多くのお母さんやお父さんがそう感じたことがあるのではないでしょうか?

幼児の時はさほど開きがなかった身長も、小学生中学生になってくると徐々に背が高い子と低い子の差が出てきます。

ではまず、男子の平均身長について見てみましょう。

・7歳 123.2cm
・8歳 128.2cm
・9歳 133.7cm
・10歳 138.3cm
・11歳 144.7cm
・12歳 150.8cm
・13歳 160.3cm
・14歳 164.3cm
・15歳 168.6cm
・16歳 170.4cm
・17歳 170.3cm
・18歳 170.3cm

小学生から高校生までの男子の平均身長です。

こうやってみてみると、高校生になってからはそこまで大幅に伸びないということがわかりますね。成長のキーになるのは、12歳~15歳なので、この時期に成長の伸びの妨げになるようなことは避けたいところ。

では、平均身長以下の男子でも、今からでも平均身長以上を目指せる方法を紹介していきます!

身長を伸ばすための重要キーワードは3つ。

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

基本中の基本ですが、この3つは身長を伸ばすことに大きく関わりがあります。では詳しくみていきましょう。

1.食事

成長に食事は絶対に欠かせません。栄養が足りないと伸びる身長も伸びなくなってしまいます。
プラステンアップ

アミノ酸の中でもアルギニンという成分は、背を伸ばすために必要な成長ホルモン分泌のサポートをしてくれます。
豚肉や納豆に多く含まれているので、ぜひメニューに意識的に取り入れてくださいね!
カルシウムは、聞いたことがある人が多いと思いますが牛乳に多く含まれています。牛乳を飲んだら背が伸びる!なんて漠然なウワサが昔からありますが、カルシウムには骨を強くする役割があるので、成長をサポートしてくれます。
なので、牛乳だけひたすら飲めば大きくなるということではないので、あくまでサポート成分として毎日取り入れていきましょう。
好き嫌いが多くてバランスをとるのが難しいという男子には、サプリや粉末で溶かすタイプの栄養補助食品がおすすめです。子ども向けのものがあるので、そういったサポート食品を使うのもありですね。

2.睡眠

人は、寝ている間に成長ホルモンが多く分泌されます。なので、寝ている時間が短かったり、良く眠れていなかったりすると成長ホルモン分泌の邪魔をしてしまいます。
身長を伸ばしたいのであれば、夜更かしはNG!早寝早起きを意識して、8時間は寝るようにしましょう。

3.運動

運動も身長を伸ばすために必要な行動です。ただ、小学生~高校生の場合は、学校で体育がありますよね。
運動をする時間が設けられているので、運動嫌いな子供に対して無理に強要するほどではありません。
ちなみに、筋トレの重量挙げは重力を下にかける運動なので、身長を伸ばす妨げになると言われています。
筋肉ムキムキになりたい人以外は重量挙げは避けておきましょう。

食事・睡眠・運動これらの基本的な行動がしっかりとれているか、今一度振り返ってみて、身長が伸びやすい環境を作りましょう!

>>プラステンアップの詳細を今すぐチェック